*

2013年アメリカホリデイシーズン ecommerce動向予測

公開日: : WordPress全般


アメリカでは10月から12月にかけてホリデイシーズンと呼ばれる時期に入ります。サンクスギビング、クリスマスを初めとするアメリカのナショナルホリデーが重なり、国中がお休みモードに入ります。仕事的には担当者不在で連絡がなかなかつかなくなったりするのであんまりいいことはないですが。。

オンラインショッピングへのインパクト

ホリデイシーズンのもう一つの重要な役割は消費のてこ入れです。これらの休日に子供、友人、知人、奥様、恋人にプレゼントを上げる機会が増え、現に私が管理させていただいているEcommerceサイトは軒並みこの時期に売り上げが爆上がりします。なんとなくではなく、一目瞭然にあがります。そして1月、2月は売り上げが足踏みをする暗黒の季節となります。なので、このホリデイシーズンにどいういったプロモーションをうつか、在庫管理、シッピング手順は万全か など、入念に準備をしてこの季節に望みます。それをしないと、1年に一度しかこない重要な販売機会をみすみす見逃すことになり、小規模の小売業者なら存続不可に陥るくらいのダメージを蒙ります。

先に述べましたが、私自身ホリデイシーズンにはさまざまなプロモーションを提案し、実行させていただいています。この時期、人々は完璧に”買う”モードに入っているので、クーポン、フリーシッピング、ニュースレターとあわせて、ソーシャルネットワーク系のプロモーションも行い、潜在顧客を引っ張り上げます。

新デバイスやサービスが次々と発表される業界なので、当年のオンラインショッピングの動向をチェックするのはとても重要です。そんな中、有益な2013年ホリデイシーズンのEcommerce動向予測を見つけましたので、シェアします。

1, 2013年のアメリカEcommerce売り上げは昨年比15%増へ

アメリカにおける2013年のEcommerce売り上げは$61.8 billionに上る予想で、これは2012年の$53.7 billionと比較しおよそ15%増となります。2013年の現時点までのEcommerce売り上げ(トラベル、チケットは除く)は$262.3 billionのぼり、2012年に比べ16.4%増となりました。アメリカだけではなく、世界に目を向けると、このブログでも紹介させていただいたあアメリカE-commerceプロバイダー大手のVolusion調べでは20%増となるとのことです。そして、この全体的な売り上げ増の利益を最も享受するのは、Amazonやebayではなく、比較的小さな会社、お店となるみこみです。

2,モバイルデバイスからの売り上げがEcommerce全体の16%へ

11月、12月のモバイルデバイスからの売り上げは$9.8 billionにのぼり、Ecommerce全体の16%になる予測です。とりわけタブレット(iPadなど)からの売り上げが高く2013年現時点で$26 billionにのぼり、これはモバイルデバイス経由の売り上げの87%になります。

3,より多くの小売業者がフリーシッピングを実施

現在よく目にする発送無料や一定額以上の買い物に対して発送無料になるキャンペーンですが、Ecommerceの利用者の約68%は単にフリーシッピングのオファーがあるというだけで友達にサイトの存在をシェアするようです。以前からプロモーションの代表格として使用されているフリーシッピングですが、今後はさらに重要なファクターとなりそうです。

4,プロモーションのスタートはより早く!

30%の人はハロウィンの前に既にプレゼントに何を買うかを決めています。よってより早いプロモーションで潜在顧客の目を奪い、自身のサイトでお財布を開けてもらうように仕向けなければなりません。大半の小売業者は2013年のプロモーションは10/1にはスタートするようです。

5,消費者はより価格重視に!

Googleの調べによると、特定のブランドへのこだわりがない場合、40%の人は単純に価格の安いところから購入するようです。その際利用されるのがAmazonや楽天で、ここで表示されるプライスがある種の基準となります。

6,小規模な小売業の競争激化

Walmartのように路面店を持つ企業のほとんどは2013年の第2クォーターは予算を達成できなかったとみられています。これは以前と比較し、店頭販売がもはや『アツい』場所ではなくなっていることを意味します。shopifyのように安価に開店できるオンラインストアが増え、小規模な小売業者もじゃんじゃん戦場へ登場してきます。オンラインの世界ではWalmartだろうがパパママショップだろうが立場は同じです。まだオンラインストアを始めて方はいち早くオンラインストアを始め、時流に乗り遅れないようにすることが必要です。

参照サイト:http://www.practicalecommerce.com/articles/58511-6-Ecommerce-Predictions-for-the-2013-Holidays

*一部わかりやすいように意訳しています

個人的には2のモバイルデバイスからのアクセス増、売り上げ増が急速に広まっているのを目の当たりにしているので、ここのてこ入れが2013ホリデイシーズンと2014年の鍵となるのではないかと思っています。

Ads by Google

Ads by Google

関連記事

WordPress RSSフィードでエラーが出たときの解決方法

wordpressではデフォルトでRSS用のXMLを吐き出す機能がついています。 普通は ht

記事を読む

no image

WordPressマルチサイト化

WordPressマルチサイト化とはサブドメインやサブディレクトリを使って、一つのWordPress

記事を読む

WordPress cherry frameworkでカルーセルを使ったときにモバイルでスクロールしない問題を解決

カルーセル(Carousel)という言葉が一般的かわかりませんが、一定の画面内で画像をス

記事を読む

めんどくさがり屋のあなたへ。AmazonEC2を使って9分でできるWordPressセットアップ

はてなやFC2などの無料ブログから、独自の環境へブログの移行を考えている方はたくさんいらっしゃる

記事を読む

no image

WordPressでサイトを運営されている初心者ブロガーの方へ。SEOを意識した記事の投稿手順を紹介

WordPressは本当に便利なツールです。いまさら私が言うまでもないですが、WordPre

記事を読む

WordPressサイトを移行したらトップページ以外が404 Page not foundになってしまった場合の対処法

どんなシステムであれ、ホスティングサイトを変更するといろんな不具合がでます。

記事を読む

エックスサーバーのWordPress専用サービス”WPS レンタルサーバー”を使ってみた

私ごとですが、このサイトを含む全てのサイトをAmazon EC2からWPS レンタルサーバー

記事を読む

WordPressをカスタマイズしたい! そんな人が見るべき世界で人気のWPチュートリアルサイト ベスト10!

いまや世界中の個人、法人Webサイトで採用されているWordPressですが、その人気の1つにカス

記事を読む

no image

WordPress サイドバーにページを階層表示するプラグイン

自身のブログで使うことがあったので紹介します。 やりたいことはWordPressのページのリス

記事を読む

WordPressへの投稿をFacebookページにフィードする方法

WordPressへの新規で投稿した際にFacebookページへも自動で書き込まれる

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ads by Google

Ads by Google
新着記事をRSSで受けとる
PAGE TOP ↑