*

iPhoneアプリ、Androidアプリの基本と開発環境の構築方法


iphone_android

モバイルアプリの作り方には大きく二つの種類があります。

1. ネイティブアプリ
2. ハイブリッドアプリ

ネイティブアプリ

iPhoneであればobject-c, アンドロイドであればjavaにあたります。これらの言語は端末のOSに直接働きかけるイメージで、より高速に処理をすることが可能です。

いい点

ネイティブ=デバイスに直接働きかけるため、無駄な変換処理がはいらず、処理が高速に行われます。ての込んだゲームなどはネイティブアプリでないと遅くて使い物になりません。
Facebookも以前はハイブリッドアプリで出来ていましたが、ザッカーバークをして『ここ数年の一番の過ちは、モバイルアプリをネイティブコードでつくらなかったこと』と言わしめました。

悪い点

開発者に要求されるスキルが高いです。また、iPhone用とアンドロイド用の二つの別のプログラムを作る必要があり、開発期間が長くなります。

ハイブリッドアプリ

ネイティブアプリで作った枠の中にWeb技術を使ってコンテンツを作り上げていくものです。もっとも有名な構成はHTML5+css+javascriptです。その他にもFlexなんかでも作成かのうです。

いい点

Webサイトを作る要領でアプリを製作することが可能。技術者の多いフロントエンジニア、Webエンジニアがすぐに取りかかれる。iPhoneとアンドロイドで共通のコードを使うことができる。

悪い点

複雑な処理は動作が重くなる。要件定義をしっかりした上で判断しないと、先のFacebookの例のように実用に耐えないものが出来上がる。

開発環境

アンドロイド

一番簡単なのはMonacoというオンラインサービスを利用するやり方。
http://monaca.mobi/ja/

ブラウザさえあれば開発が可能。無料版は3ビルド/dayまで。有料版はビルド上限があがったり、他にもいいことがあったりします。
https://monaca.mobi/ja/pricing

もっと原始的な方法で開発手順を知りたいという方はeclipse+SDK+ADT+phonegapを使うやり方。ちなみに私はこちらでやっています。
環境構築の参考にさせていただいたサイトはこちら。
http://techfun.cc/techinf/setup/android

構築後の構成例
2014-05-16 10_36_16-Presentation2 - PowerPoint

-実際のスマートフォンで動きを確認するには-

Binフォルダ配下に<プロジェクト名>.apk というファイルが出来ます。これが本体になるので、どこかスマートフォンからダウンロードできるところにこのファイルを配置します。

2014-05-16 10_46_41-Java - ADT

スマートフォン側ではこのファイルをダウンロードし、クリックするとアプリが開きます。

もっと丁寧に教えて!という人はこちらがいいと思います。
[iOS/Android対応] HTML5 ハイブリッドアプリ開発[実践]入門 (Software Design plus)

当方海外在住なので、PDFで購入予定。こちらから購入できます。
技術評論社

iPhone

Xcodeを使う。(まだ試してないので後日追記します)

Ads by Google

Ads by Google

関連記事

no image

海外で人気のiPhoneアプリ5選

いまやスマートフォンアプリは現代人の最大の暇つぶしツールといっていいのではないでしょうか? パ

記事を読む

no image

LinkedInの新アプリ。メールに発信者のプロフィールを紐付け

LinkedInを使っている方に朗報+警笛です。> LinkedInとはなんぞや? Li

記事を読む

no image

スマートフォンで横長のテーブルを扱う方法

table,table tr,table td,table th{border:1px solid

記事を読む

no image

iPhone, Androidでスクリーンショットを撮る方法

もしかしたら知らなかったのは僕だけじゃないか? という一抹の不安を抱きつつ紹介します。 スマート

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ads by Google

Ads by Google
新着記事をRSSで受けとる
PAGE TOP ↑