*

Magentoのホスティングサーバを移動したときにやること


開発から本番環境へ。はたまた本番環境のホスティングサーバの変更など、Magentoをまるごとお引越しするときの手順です。

データベースを移動する手順もはいっていますので、ファイルだけ移動させたい人はデータベースに関する項目をスキップしてください。

*サーバはLinux(cent06)でphp,Apache,MySQLなどのベースソフトは既に新サーバにインストールされている前提なので、まだの方はそれらを実施したのち、下記手順をおこなってください。

既存データベースのバックアップ

データベースサーバで下記のコマンドを発行します。

既存ファイルを圧縮

Webサーバで下記のコマンドを発行し、ファイルを圧縮します。

データベースを作成

移動先のサーバにデータベースを作成します。データのインポートはこの後の作業なので、ここではデータベースの箱だけ作成します。

データベースにログインします

データベースを作成します。

このデータベースの専用ユーザーを作る場合はユーザーを作成し、閲覧権限をつけてください。

データベースをインポート

先のステップで作成したデータベースにデータをインポートします。

ファイルを移動して展開

先のステップで圧縮したファイルをドキュメントルートに配置し、展開します。

cron.phpやLicense.htmlが入っているのがルートディレクトリになるので、違う階層に展開されていたら、mvコマンドで移動させてください

設定ファイルを編集1

Magentoはデータベースにドメイン名情報を保持しているので、新環境でドメイン名が変更になる場合は、下記の手順で設定を変更してください。

MySQLにログインし、下記コマンドを発行すると、以前のサーバの設定が確認できます。これを新しい値に変更していきます。

ここでドメイン名が設定されているレコードのconfig_idを控えておきます。

更新をかけます。おそらく先ほど控えたconfig_idが二つあるので、下記の(先ほど控えたconfig_id)を変えて2回実行します。

設定ファイルを編集2

データベース名を変更する場合はコンフィグファイルを変更する必要があります。

/app/etc/local.xml を編集します。

Connectionタグの中を新しいデータベースの設定にします

ここまでで移行設定は終わりです。新ドメインにアクセスすればめでたくサイトが表示されます。

が、おうおうにして、いろんなエラーがでますので、メジャーどころを記載しておきます。

Server not found

Apacheの設定がうまくいっていないようです。/etc/httpd/conf/httpd.conf を確認し、ドキュメントルートが正しく設定されていることを確認しましょう。

パーミッションエラー

新サーバのMagentoディレクトリに適切なパーミッションが与えられていない場合、ブラウザからアクセスできません。chmodコマンドでドキュメントルート以下のパーミッションをゆるくしましょう

cssファイルが読み込まれない

cssファイルが読み込まれず、レイアウトが崩れる。データベースでドメイン名を変更した際に間違った設定をしている可能性があります。スラッシュが適切に入っているか、もしくは余分な文字が入っていないか確認しましょう

Ads by Google

Ads by Google


公開日:
最終更新日:2016/03/30

Ads by Google

Ads by Google
新着記事をRSSで受けとる
PAGE TOP ↑