*

SEOキーワードに関して知っておくべきこと

公開日: : SEO


キーワード設定に関してはいくつかの説があり、100%正解というものはありませんが、一般的な話としてご説明します。

あなたがグラフィックデザイン関連のサイトを運営していたとします。

そして何とか検索結果で上位表示をさせたいと考え、キーワードを考えます。

そうすると主力商品である”グラフィックデザイン”で検索時に上位表示をさせたい という結論に達します。

ではそのキーワードをサイトのメタタグに入れよう! と作業を開始します。

そこで浮かびあがるひとつの疑問。 下記のような選択肢のなかでいったいどれを適用すべきか? 

1,グラフィック,デザイン,テンプレート………………..
2,グラフィックデザイン,グラフィックテンプレート………….
3,グラフィック デザイン,グラフィック テンプレート………….

結論から言うとグラフィックデザイン、もしくはグラフィックテンプレートでSEOをかけたい場合は2が最適となります。

その理由は、下記の表がわかりやすいかと思います。
chart

先述の例でいうと、
1 > 3 > 2 の順でカバーする範囲が狭くなります。
そして、
1 < 3 < 2 の順でキーワードとしての効力がうすまります。 短いキーワード、ジェネラルなキーワードは付随するワードが多く(例えばグラフィック+デザイン、グラフィック+アート、コンピュータ+グラフィック など) また、使用している競合他社も必然的に多くなるので、上位表示を狙うのが難しくなります。

逆に、グラフィックデザインで設定すると、グラフィックアート、コンピュータグラフィックでは上位表示は期待できませんが、グラフィックデザインでは期待できます。

ここまでがキーワード設定に関する理論上の話です。

しかし、最近ではこのキーワード設定は検索結果にほとんど関係しないという意見が大多数です。
仮にこのキーワード設定を有効にしたい場合は、
1、 タイトルに含まれるワードを使う
2、 本文中の強調系タグ(strong, b タグなど)でリンクが張られているワードを使う
3、 そのキーワードで被リンクを受けている
など、連携して使用すれば一定の効果があるという報告もあります。

また、最近の調査ではキーワードは少なければ少ないほどよい=1ページに1キーワードがふさわしい という報告もあがっています。

キーワード数は少ない分にはペナルティはありませんが、多すぎると検索エンジンにスパム認定される可能性があるので、

できるだけ少なく、無駄をそぎ落としたワードを使用することをオススメします。

Ads by Google

Ads by Google

関連記事

no image

Webサイト運営者必見!Googleの新検索アルゴリズム、ハミングバードについて一問一答

先週発表されたGoogleの新検索アルゴリズムhummingbird(ハミングバード)について良質

記事を読む

[Google発表] 新gTLDはSEOに影響がない

SEOをやっていると、gTLDはSEOに関係あるのか という質問を受けることがあります。

記事を読む

no image

画像SEOが必要な3つの理由

世界中にあるWebサイトの約90%は何らかの形で画像ファイル(jpg,png,gifなどの拡張子を

記事を読む

Webサイト管理者が絶対に知っておくべき、Gooogleからペナルティを受ける17の手口

Webサイトを運営している方で、どんな方法を使ってでも順位をあげたいという人はたくさんいらっし

記事を読む

no image

「こうやれば検索上位に来る!」の罠。 SEOに関する12個の都市伝説 

Webサイト運営者にとって、『SEO(Search Engine Optimization)』

記事を読む

SEOをやるならWeb製作の段階から考える必要がある という話

Webサイト作成とSEOは切ってもきりはなせないものです。「Webサイトをつくって公開したら

記事を読む

Google元社員が語る Web検索の現在と未来

Googleの元社員であるFili Wiese氏とKaspar Szymanski氏がWeb検索

記事を読む

no image

自分でSEOする人が気をつけなければいけない5つのこと

予算の関係上、外部業者に頼むのではなく、内策でSEOをされる方もいらっしゃると思います。SE

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ads by Google

Ads by Google
新着記事をRSSで受けとる
PAGE TOP ↑