*

WordPress  画面下まで行くと横から箱がスライドしてくるプラグインを紹介!

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 WordPress全般


記事を下までみていくと、画面外がらスライドボックスが登場するサイトに遭遇したことはありますか?

1年くらい前からよく目にするようになりました。

静的なページで突如動くものがあると閲覧者の目を引くことができます。今までもサイドバーでヌルヌルとついてくるバナーや記事紹介エリアがありましたが、強要されているようで個人的にはあまり好きではありません。

今回紹介するプラグインたちは基本、特定の位置まで読み進まないと出現すらしないため、読み手をいらだたせることがありません。

しかも出現のタイミングが記事終わり。ここで関連記事を目立つ形で見せることが出来ればこれはサイトの回遊性に大きく寄与するでしょう。

ということで早速紹介していきます。

End Page Slide Box

End Page Slide Box

使い方は簡単。記事の下に

というショートコードを入れて、その中に表示させたい文字(HTML可)を書き込みます。

例:
endslide1

すると、記事の終わりまで来るとニョロっとスライドが現れます。
endpageslidebox

HTMLであればなんでも表現できるので、自由度が高いです。載せたいものがはっきりしていて、レイアウトにもこだわりたい人はお勧めです。
また、記事ごと出す出さないを設定できる(ショートコードを置くか置かないか)ができるので、ユーザーの要望にフレキシブルに対応できそうです。

Wp-Insert

WP-Insert

こちらは全てのページで共通のスライドを出現させるプラグインです。Facebookのウォールなどを設定するときに使えそうです。

Ads by Google

Ads by Google

関連記事

WordPress cherry frameworkでカルーセルを使ったときにモバイルでスクロールしない問題を解決

カルーセル(Carousel)という言葉が一般的かわかりませんが、一定の画面内で画像をス

記事を読む

no image

WordPressマルチサイト化

WordPressマルチサイト化とはサブドメインやサブディレクトリを使って、一つのWordPress

記事を読む

no image

WordPress サイドバーにページを階層表示するプラグイン

自身のブログで使うことがあったので紹介します。 やりたいことはWordPressのページのリス

記事を読む

WordPres3.9.1にアップデートしたらRSSでエラーがでた時の解決方法

WordPressの最新版(2014年6/25時点)3.9.1にアップグレードしたところRSSフ

記事を読む

エックスサーバーのWordPress専用サービス”WPS レンタルサーバー”を使ってみた

私ごとですが、このサイトを含む全てのサイトをAmazon EC2からWPS レンタルサーバー

記事を読む

no image

2013年アメリカホリデイシーズン ecommerce動向予測

アメリカでは10月から12月にかけてホリデイシーズンと呼ばれる時期に入ります。サンクスギビング、クリ

記事を読む

めんどくさがり屋のあなたへ。AmazonEC2を使って9分でできるWordPressセットアップ

はてなやFC2などの無料ブログから、独自の環境へブログの移行を考えている方はたくさんいらっしゃる

記事を読む

no image

WordPress ショートコードの中にショートコードを書く方法

.frame{ display: block; padding: 9.5px; margi

記事を読む

no image

WordPressの投稿を自動的にFacebookのウォールに書き込む方法

Facebook、Twitterといったソーシャルネットワークサービス(SNS)が浸透している現在、

記事を読む

no image

WordPressでサイトを運営されている初心者ブロガーの方へ。SEOを意識した記事の投稿手順を紹介

WordPressは本当に便利なツールです。いまさら私が言うまでもないですが、WordPre

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google

Ads by Google
新着記事をRSSで受けとる
PAGE TOP ↑