*

ブラウザの種類によって成約率が違うという事実!


browser

意外な盲点かもしれませんが、使用しているブラウザによって成約率に違いがあるようです。

あるサイトでの結果です。

<ブラウザごとの成約率>
Internet Explorer(IE):3.5%
Chrome:2.0%
FireBox:2.4%

参照サイト:http://econsultancy.com/us/blog/10734-re-assessing-the-value-of-conversion-rates

これって、すごい差です。

IEはChromeの1.5倍の成約率です。これはつまり収益も1.5倍ということです。Chrome経由での売り上げが100万円だったら、その間IEでは150万円も稼いでしまいます。

いったいなぜブラウザによってここまでバラつきがあるのでしょうか?

ITリテラシー要因の可能性

私の偏見ですが、IEユーザーはITリテラシーが比較的低い方が多いと思います。

理由は簡単でWindowsがインストールされているパソコンを買うと、標準で設定されているブラウザはIEなのでそのまま使い続ける人がいるからです。

少しパソコンを知っている人だと、IEは動作が遅いので(今はかなり改善されましたが、全般的な印象です)FireFoxやChromeをダウンロードして使います。

これも偏見ですが、パソコンに慣れている人ほど、がっつり検索して自分の欲しい答えにたどり着く努力します。その方法を知っているといったほうが正しいでしょうか。

ことインターネットショッピングに関していうと、慣れている人は少しでも安いところやサービスの良いところを探すので、サイト訪問量は多くても実際に買うところは一箇所だけなので当然成約率は下がります。

自分のサイトで検証しました

サンプルが一つだといまいち信憑性にかけるので、自分のサイトも見てみました。
このサイトは主に健康グッズを売っています。

<ブラウザごとの成約率>
Safari:1.38%
Chrome:1.35%
Internet Explorer:3.04%
Firefox:2.10%

圧倒的ですね。(SafariはiPhoneからの閲覧もカウントされているので、マック経由だけで換算するともう少し高いと思います。)

まとめ

IE対応ってほんとうに面倒なんです。Web系開発者なら当たり前すぎて話題にも上らないんじゃないでしょうか。動作が速いからChromeとかFireFoxで開発して、いざIEでブラウザテストっていう段階で驚愕の結果を目にした という方、たくさんいらっしゃると思います。

でもこの結果をみるとIEこそ力を入れなきゃいけないブラウザだということがわかります。はぁぁ。。とため息がでそうです。

ただChromeやFireFoxを使っているユーザーをおろそかにしていいわけではありません。彼らのITリテラシーが高いと仮定した場合、閲覧したサイトがふざけた表示をしていたら、それこそFacebookとかTwitterでバズられてしまう可能性も高いです。

手を抜いていいところなんてないんですね。はい!わかりました!。。 

Ads by Google

Ads by Google

関連記事

ゾンビが襲ってきたときにデータを守る方法

これ、データセキュリティ会社の電子パンフレットなんですが、面白いですね。 個人情報登録でダウン

記事を読む

Google元社員が語る Web検索の現在と未来

Googleの元社員であるFili Wiese氏とKaspar Szymanski氏がWeb検索

記事を読む

Webサイトリニューアルのポイント。失われるSEO効果を過小評価していませんか?移行前に考えるべき4つのこと

Webサイトの寿命は3年といわれています。 もちろんそのまま使い続けることはできますが、デ

記事を読む

マーケティング担当者が英語のウェブサイトで使うべきではない4つの単語

一つの商品を紹介する場合、一つのサービスを説明する場合、読みやすい文章を書くために、聞こえのいい

記事を読む

Ads by Google

Ads by Google

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Ads by Google

Ads by Google
新着記事をRSSで受けとる
PAGE TOP ↑