Google Analytics 便利サービス

《朗報》GoogleAnalytics アカウント復活方法

Pocket

GoogleAnalytics アカウント復活方法

Webサイトを運営している方、お客様のWebサイトをメンテナンスしている方に朗報です。なにかの拍子にGoogleAnalyticsのアカウントを消してしまった時の対処方法を紹介します。消してしまったときの衝撃を想像するとゾッとしますね。

恐らくまずは検索エンジンで復活させる方法を調べ始めると思いますが、どれもこれも

「あきらめろ」

「お前が悪い」

「消す前に確認のメッセージが出てなかったのか?おしまいです。」

など、辛らつな言葉ばかり。自分のサイトだったらまだ諦めがつきますが、クライアントのサイトだったら、そらもう大変です。こういうときは英語の情報を探しましょう。やっぱり日本語より英語の情報のほうが多い(真偽はともかく)です。以下私が行った方法を紹介します。

1. Google Adwardsにアカウントをつくる

Google Adwardsへ行き、アカウントを作成します。

2. Googleにコンタクトします。

GoogleAdwardsサポートセンターへ行き、Contact usをクリックします。
Google Adwards Contact Us

3. 最初の設問がポップアップします

最初の設問でGoogle Analyticsを選択します。
Contact us 最初の設問

4. 次の設問がポップアップします

次の設問でAnalytics Administrator has leftをクリックします。
Contact us 次の設問

5. 問い合わせフォームが立ち上がります

問い合わせフォームに情報をいれます。emailをやたら入れさせますが、私は全部同じemailアドレス(Google Analyticsで登録していたアドレス)を入れました。
Contact us 問い合わせフォーム

6. 素敵なメールが届きます

1日ほど待つとこのような素敵なメールが届きます。
GoogleAnalytics 復活メール

Googleは公式には、一度削除したGoogleAnalyticsアカウントは復活しないといっています。ただこのようにダメもとで問い合わせるとなんとかしてくれるケースがあるようです。ただし注意しなければいけないのは、Googleはよくポリシーを変えるのでこの対応をいつまでやってくれるかはわかりません。あくまで2013年10月9日時点での話しとしてお聞きいただければと思います。

また、メールに書いてあるようにアカウントが削除されてから復活されるまでのデータは収集されていないようです。そして一説によるとGoogleがこの対応をできるのはアカウントが消されてから24時間以内にコンタクトした場合に限り可能といわれています。別の人は7日以内と言っているので、まあ少し曖昧な情報ですが、早いにこしたことはありません。

今回の一連の問い合わせで、なんかGoogleのすごさを垣間見た気がします。これだけの大企業になっても、ちゃんと24時間以内に返信をしてくる。素敵ですね。

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

photo:Copy right all reserved by photoemail662

Ads by Google

Ads by Google

-Google Analytics, 便利サービス
-

© 2022 みる米技術部 Powered by AFFINGER5